MENU

女性の見た目年齢は7割が髪型で決まる

女性の見た目年齢は7割が髪型で決まります。それだけに髪の毛のボリュームがなくなったと感じる40代後半から「髪が細くなった」と悩まれる人も多いです。
髪が細くなる原因はさまざまありますが、その中でも加齢によるホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどが主な原因として挙げられます。

 

諦めずに「今日からできる髪を太く育てる方法7選」をご紹介していきます。

 

 

髪,太くする方法,女性

 

髪が細くなる原因

 

髪の太さは0.05mm〜0.15mmで平均して0.07mmと言われていて、細い毛になると0.05mmの太さになります。
髪が細くなると1本1本の髪の太さが少なくなるので、髪全体のボリュームも3分の1から4分の1にまでなってしまいます。

 

では、なぜ髪が細くなってしまうのでしょうか。それはヘアサイクル(毛周期)の異常が原因と考えられています。

 

髪のサイクル(毛周期)

 

抜け毛の先を見ると白いふくらみが付いていますが、これが毛球と呼ばれる髪の毛のいわば根っこになります。
毛球にある毛母細胞と呼ばれる細胞が分裂を繰り返して毛の元になる細胞をつくり、髪の毛を成長させます。
この細胞分裂をする期間は女性で4年から6年といわれています。これが成長期になります。

 

その後、徐々に細胞分裂が衰えてきます。これが退行期と呼ばれ2〜3週間続きます。

 

そして、髪の毛母細胞の分裂が完全に止まってしまって、古い髪の毛は抜けていきます。これが休止期で3〜4ヵ月の間におこります。

 

このヘアサイクルが(毛周期)です。

 

髪が細くなる原因は、太くしっかりとした髪の毛を育てる成長期になんらかの原因で毛母細胞の分裂が弱まったり、ストップしてしまった為と考えられています。

 

ではその原因は何があるのでしょうか。

 

髪が細くなる原因はホルモンバランスが関係している

 

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の分泌は40代から減少をし始めて、50代前後の閉経を迎えます。
この閉経の時期前後5年くらいが更年期で、エストロゲンの急激な減少とそれによって起こるホルモンバランスの乱れが髪を作りだすヘアサイクルにも影響を与えるようになります。

 

更年期の体調不良や睡眠不足、イライラなどで生活が乱れてきてその結果、髪と頭皮の環境を悪化させることもあります。

 

年齢によっても髪質が変わってくることを実感される人も多いと思います。

 

20代
髪のハリやコシ、髪の毛の量などはピークの状態

 

30代
徐々に髪の毛にうねりが出てくるようになります。頭皮と髪の毛の乾燥が気になってくる場合もあります。

 

40代
薄毛が目立つようになったり、白髪が生えるようになってきます。

 

60代以降
薄毛が目立つようになって、頭皮の乾燥も加速していきます。

 

ですが、全員がこれにあてはまるわけではなく、中には若い頃と同じような髪質をキープしている人がいることも事実です。

 

 

女性ホルモンが減ることは避けられませんが、積極的に頭皮の血行促進をするなどで髪と頭皮の環境を改善していくことは十分できます。

 

 

髪が細くなる原因は栄養不足が関係している

 

毎日の食事から摂れる栄養バランスが偏っていると髪まで栄養が行き渡りません。
そもそも食べ物から摂取した栄養は生命維持に必要な内臓や脳などにまず使われていきます。
それに比べると髪の毛が優先順位は低くなるのは当然とも言えますよね。

 

十分に栄養バランスのよい食生活で生命維持はもちろんのこと、髪や爪など末端の組織まで行きわたらせる必要があります。

 

 

女性の髪が細くなる原因は貧血が関係している

 

貧血による症状も髪の毛が細くなる原因となります。フェリチンと呼ばれる鉄分の貯蔵庫に溜めてある成分はまず体の重要箇所に送られますので、身体の末端である毛髪は一番最後になります。

 

頭皮に十分血液が行き渡らないことで栄養が足りずに髪が細くなってしまうことも考えられます。

 

女性は生理があるので貧血に身体が慣れてしまって自覚症状があまりない人もいると思いますが、体の末端である髪の毛はいつも酸欠状態で悲鳴をあげているのかも知れません。

 

 

ストレスからの自律神経の乱れ

 

薄毛の悩みで真っ先に思い浮かぶのがストレスではないでしょうか。

 

過剰なストレスを抱えてしまうと自律神経が乱れてしまい、髪に十分な栄養が届かなくなってしまいます。

 

それにより、抜け毛や薄毛が進行してしまって更にストレスになると悪循環を引き起こすこともあります。

 

少しでもストレスを感じたら放置せずに早めに解消することが大切になります。

 

合わないシャンプーを使っている

 

自分に合わないシャンプーを使い続けていくと頭皮が炎症を起こして、酸素が十分に行き渡らない為に太くしっかりとした髪の毛が育たないこともあります。

 

髪の毛をしっとりさせるシリコン入りシャンプーは安価で手に入れることができますが、頭皮にとっては不純物が多くよく洗い流さないと炎症を起こしてしまう人もいます。

 

頭皮はお顔の皮膚の延長にあります。通常の新陳代謝(ターンオーバー)であれば目に見えない程のカスで剥がれ落ちていきますが、異変がおきてしまうと頭皮表面の皮膚が固まって剥がれ落ちてしまいフケに繋がります。

 

その他にもシャンプーのし過ぎなどによる頭皮の乾燥により、皮膚が剥がれやすくなり炎症を起こしてしまうこともあります。

 

ドライヤーを使わないで乾かす

 

昔はドライヤーで乾かすと髪の毛が傷んでしまう事がありましたので、小さい頃より髪の毛が濡れたまま眠りについてしまう人もいると思いますが、これは頭皮にとっても髪の毛にとっても過酷な環境を作っていることになります。

 

頭皮の臭いがする人の多くはドライヤーで髪の毛を乾かさずにいる為、頭皮に雑菌が繁殖してしまい臭いが出てしまいます。ハッキリいってこれはカビの一種だと思ってください。夏でも頭皮を乾かすようにドライヤーを使うようにしましょう。

 

また、髪の毛の表面にあるキューティクルは濡れた状態だと大変傷付きやすく、一度傷付くと修復することができません。枝毛が沢山ある人はキューティクルが剥がれ落ちて、髪の毛の乾燥が進んでしまっている状態になります。
毛先が枝分かれする枝毛自体は薄毛にあまり関係がないように思えますが、ブラッシングの際に引っかかる為抜け毛の原因にもなります。

 

頭皮と髪を健やかに保つためには濡れた髪を早めに乾かすドライヤーが必要です。

 

髪を太く育てる対策7選

 

ここまで髪が細くなる原因を様々解説してきましたが、では髪を太く育てるには何が必要なのでしょうか。
今日から始められる7つのポイントに絞って説明していきますね。出来る所から髪を太くする方法を始めてみましょう。

 

髪を太く育てる対策@頭皮マッサージをする

 

頭皮の酸素が足りていないと髪を作る毛母細胞に栄養が行き渡らないいわゆる酸欠の状態になります。頭皮の血液循環を良くするためにも頭皮マッサージは欠かせません。

 

肩がこった時に、肩に触るとパンパンに張っているような状態ですよね。あれが頭皮に起こっていると思ってください。
肩がこるとどうしますか?何か居心地悪くて肩をさすったり、肩を回したりして血液循環を良くするように無意識に動きますよね。

 

頭皮がこった時は頭痛といった症状で表れることもありますが、慢性的になるとこっていることも気付かなくなります。

 

始めは少し痛いと感じるかも知れませんが、やり続けることで痛気持ちいい感覚になっていきますよ。

 

 

<頭皮マッサージ>

 

頭皮マッサージ

 

始めに頭皮を指で前後に動かしてみましょう。硬くて動かない場合は血液循環が悪くなっている可能性があります。
また、頭の形が張っていると皮膚が突っ張ってしまって血液の循環が悪くなってしまいます。

 

 

両手を組み合わせて頭頂部にのせて、手のひらで頭皮を挟むように動かします。髪の表面で手を滑らせるのではなく、しっかりと頭皮をはさんで上下に動かすようにしましょう。
その後、後頭部に手を降ろして左右の親指で首筋の上のツボ(風池、天柱)を5秒ほど押して離します。

 

このマッサージは手軽にいつでも出来るので仕事や家事の合間で少しつづやってみるといいです。

 

<頭皮マッサージ・毒だし方法>

 

毛穴の奥にある皮脂腺や毛根は脂質や老廃物が溜まりやすい場所になります。頭皮マッサージをしながらも毒だしマッサージをすることで効果が発揮されてきます。

 

手順1.

頭皮を指先で掴んで、頭皮をずらすように前後左右に動かします。指は固定して、髪ですべらないようにします。
頭皮と頭蓋骨の間にある毛細血管を刺激して血行を促進することができます。また、毒素排出だけでなく髪をつくる部分に栄養を行き渡らせる効果もあります。

 

手順2.

5本の指を開いて頭を包み込むようにします。ひたいの生え際→頭頂部→後頭部に向かって「の」の字を書くように頭皮をもみます。
指は固定してすべらないように注意します。後頭部をもむ時は頭を前に倒して下から手を差し入れるようにします。

 

<脱毛予防に良いツボ>

 

百会(ひゃくえ)

眉間から上へ向かう線と両耳から頭頂部へ向かう線が交差した場所にあるツボです。

 

天柱(てんちゅう)

首の後ろ「ぼんのくぼ」の左右にある太い筋のくぼみにあるツボです。

 

風池(ふうち)

「天柱」から2センチほど外側の髪の生え際にあるくぼんだ場所にあるツボです。

 

ツボは指先やボールペンの尖っていない先などで押してくださいね。血行促進の為にはまめに刺激を与えることがたいせつです。

 

 

髪を太く育てる対策A過剰なダイエットをしない

 

過剰なダイエットを成功した後に抜け毛が酷くなった話はよくあります。

 

髪は毛根にある細胞がもの凄いスピードで細胞分裂を繰り返して成長して、1日に1センチも伸びる程です。
身体の中でこれほど成長する細胞はありませんので、その分栄養も必要となります。

 

だから、過剰なダイエットや偏食によって栄養補給が十分にされないと直ぐにダメージとして表れてしまいます。

 

ダイエットを始めるなら1ヵ月1キロ弱を目安に緩やかな方法で行うようにしましょう。

 

また、近年はファスティングなど断食をすることで体をリセットするダイエットも流行っていますが、個人判断せずに指導に従って正しいダイエットをするようにしましょうね。

 

 

髪を太く育てる対策B良質の睡眠をたっぷりとる

 

寝不足が続くと頭がぼーっとしてしまいますよね。お肌もなんだか荒れてきたり、皮膚表面に影響が出てきます。

 

質の良い睡眠時間の確保が髪を太く育てるには大切だと言われています。

 

お肌と同様に髪の成長に関わる成長ホルモンが分泌されるのが夜10時〜夜中の2時くらいなので、その間に眠っていることが理想と言われていますが、子育てや家事など時間的に難しい場合もありますよね。
その場合は、できるだけ質の良い睡眠ができるように枕やマットレスを自分に合ったものにするなど睡眠環境を整えるといいですよ。

 

夜眠る前にスマートフォンを見過ぎないように気を付けたりできる範囲で質の良い睡眠ができる環境を整えるように心がけていきましょう。

 

 

髪を太く育てる対策C栄養バランスの良い食事

 

昔からよく言われていたのが、「育毛にはミネラルを多く含む海藻が良い」「黒い食べ物が薄毛予防に最適」でしたが、あくまでも基本はバランスよく栄養を摂ることです。
タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素を摂取してその上で髪の成長に欠かせない栄養素を補給していくことが髪にとって良い食べ方になります。

 

 

<髪に良いミネラル・ビタミン栄養素>

 

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質です。このたんぱく質は食べ物から摂取したタンパク質がアミノ酸に分解された後に再合成されて出来ます。
この再合成に必要なのがミネラルとビタミンになります。

 

3つのミネラル
亜鉛

亜鉛を多く含む食べ物:生ガキ、豚レバー、パルメザンチーズなど

鉄分

鉄分を多く含む食べ物:豚レバー、アサリ、納豆、ひじきなど

マンガン

マンガンを多く含む食べ物:しょうが、しそ、干しエビ、日本茶(玉露)など

 

3つのビタミン
ビタミンB群

ビタミンB群を多く含む食べ物:牛肉、鶏肉、魚、卵、バナナ、アボガド、ナッツなど

ビタミンC

ビタミンCを多く含む食べ物:柑橘類、緑黄色野菜など

ビタミンA

ビタミンAを多く含む食べ物:鰻、鶏レバー、にんじん、カボチャ、ほうれん草など

 

 

ゴマを使った薄毛に効果的なレシピ

 

頭皮にしっかりと栄養を届けて髪を元気にするには血液の流れをよくする食品の代表選手であるゴマを摂ると頭皮に十分に栄養を届けることができます。
ただ、ゴマは脂肪分が多いので、すりゴマでいうと1日大さじ1杯程度を目安にするようにしてくださいね。

 

<黒ゴマ粥>

土鍋に米1カップと黒ゴマ30gを入れて10カップ程度の水で弱火に1時間ほど煮ます。

 

<黒ゴマきな粉>

黒ゴマをすったものと黒砂糖、きな粉をあわせたものをヨーグルトなどにかけて食べる。

 

 

髪を太く育てる対策Dストレスを溜めない

 

日常生活では中々気付きにくい小さなストレスが積み重なると、抜け毛や髪の毛が細くなる原因になります。

 

リラックス

 

ストレスがなぜ悪いのかというと、髪の毛の血液循環が悪くなってしまうからです。
髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養をもらっていますが、ストレスが多い時は体が興奮状態にあるので、太い血管に血液がいってしまって毛細血管の血の巡りが悪いと栄養が行き渡らずに髪の毛の成長が難しくなってしまいます

 

ストレス発散はまとめて行うよりも日常生活の中で解決するようにしていきましょう。

 

  • 軽いストレッチをしてシェイプアップと相乗効果
  • 友人と電話しながらストレス発散。
  • 少しだけ自分にご褒美のおやつを食べる
  • ゆっくりとお風呂につかる
  • 好きな音楽を聴いて嫌なことを忘れる
  • お気に入りの食器で食事をする

 

日常生活の中で過ごしやすい時間をできるだけ増やすように少しの工夫を考えてみると思った以上に効果があります。

 

 

髪が細くなったり、抜け毛が多いと感じるとそのことでストレスを感じることもありますので、早めの予防を始めることが重要になってきます。

 

 

髪を太く育てる対策Eアミノ酸系シャンプーにする

 

頭皮環境を整えて髪を太く育てるには髪の毛ではなく、頭皮に合わせて選ぶことが大切です。

 

不要な皮脂を取り除いて洗髪の後に頭皮が「やわらかい」と感じられるアミノ酸系シャンプーを使うことをお勧めします。
こういったスカルプ系のシャンプーは髪がきしむものが多かったのですが、最近では髪の毛もしっとりとしながら泡立ちの良い頭皮環境を健やかに整えるシャンプーが出てきています。

 

無添加なので、女性に多い敏感肌の人も安心して使う事ができます。

 

髪を太く育てる対策F育毛剤を使う

 

髪を太く強く育てるなら女性専用の育毛剤が必須になります。その効果は新陳代謝(ターンオーバー)の活性化、頭皮の血行促進、毛根への栄養補給、頭皮の雑菌繁殖や炎症を抑える、保湿を促すなどの効果があります。
男性専用の育毛剤に比べて女性の育毛剤は頭皮に刺激を与えすぎないように作られていますので、敏感肌の方も安心できるポイントですね。

 

育毛剤でおススメなのは無添加のリジュン育毛剤です。

 

>>リジュン育毛剤の商品詳細はこちら

 

髪,太くする方法,女性

 

育毛剤というと男性的なイメージが強いと思いますが、見て頂いてお分かりの通りパッケージもとても可愛らしく作られていますので、育毛剤のイメージが変わると思いますよ。
また、匂いに敏感な女性は育毛剤の香りも気になりますよね。無香料と言っても若干配合成分の植物の香りがしますが、それほど気になる香りではありませんよ。これは私だけでなく数多くのリジュンの口コミでも「気にならない」と書かれていました。

 

そして、もうひとつ気になるのが使用感です。ベタベタすると髪の毛もベタ付くので気持ち悪いと思いますが、リジュンはサラッとした使用感なのでベタ付きは心配ありません。
逆にサラッとし過ぎてうっかりすると垂れてきてしまうことがありますので、初めにドバドバと付けるよりも少しずつ染み込ませながら付ける事をお勧めします。

 

リジュン育毛剤の口コミ

 

元々髪の毛の量が少なかったですが、最近では子供から言われるくらいにボリュームがなくなってしまいました。特に分け目の辺りがまずい状態に。
口コミでも評判の高いリジュンを使ってみた所、頭皮がサッパリして気持ちいいです。直ぐに効果が出る訳ではないと思いますが、心なしか生え際がしっかりしてきました。

 

若い頃は髪の毛の量が多くて困った程でしたが、最近は1本1本がかなり細くなってしまって。育毛剤を使う事に抵抗があったのですが、こちらのリジュンは容器がオシャレなので育毛剤のような感じが全然しません。
透明なサラッとした液を地肌に付けると少しスッとした感じがしますが、その後地肌に馴染んでいくので、あまりきになりません。抜け毛が減って、髪の毛にコシが出てきたので丈夫な髪が育っていくように感じます。

 

細くて頼りない髪質なのでなんとかしたいと使い始めました。スカッとした男性用の育毛剤と違い無添加なので、敏感肌の私には嬉しい商品です。使い始めて2ヶ月くらいしたら分け目に短い毛が目立つようになってきました。育毛剤を塗り込む時にマッサージをしている効果もあると思いますが、使い始めた時よりも地肌が柔らかくなってきました。
毎日続けることが大切ですね。

 

 

まとめ

 

髪を太くする方法はさまざまありますが、ご自分のライフスタイルに合わせて取り入れやすいもの、続けやすい事から始めてみるといいですね。

 

髪のサイクルは少し時間がかかりますので、「効果が直ぐに出ないから」と諦めないで継続して続けることが大切ですよ。

 

あなたに合った「髪の毛が太くなる方法」にお役に立てますように。